« シチリアで強盗被害にあってしまいました。 | メイン | 朝の健康法 »

2013年09月05日

注目の判決

MP900409268%5B1%5D.jpg

昨日、最高裁は、

「非嫡出子の相続分を嫡出子の半分とする民法の規定は、

法の下の平等を定めた憲法に違反し無効」

という歴史的な決定をしました。


これにより、明治31年以来115年続いてきた

法律の変更が迫られることになります。


最高裁は、

「この違憲判断は、すでに確定した遺産分割には影響を及ぼさない」

とも言及し、

判例変更に伴う混乱を防ぐための一定の配慮もなされましたが、


この判決をきっかけに、相続の現場では

今後様々な新たな課題も出てくることと思われます。


皆様から相続のご相談を受ける立場の者として

「相続制度の合理性は時代とともに変遷する」ことを痛感し、

より一層心を引き締める日となりました。


投稿者 rieko : 2013年09月05日 14:18